僕がアップルで学んだこと

By hata, 2014/02/02

結果から述べると、オススメの良本だ。

元アップル社員の筆者が、スティーブが追い出されたあとの「暗黒時代のアップル」から、アメリオが改革を進め、カムバックしたスティーブ・ジョブズが再生を果たした際を、社員の目線からの文章で述べており、その再生のために実施されたことを記載している本。

暗黒時代は具体的にどうだったのかということも、その再生方法も、とても参考になる本だと思う。

アップルは、作り出す製品にもアップル自身にも「シンプル」であることを突き詰めていて、それがどのように良い循環を生み出しているかが分かる。読んでいて、アップルファンになってしまいそうだった(実際、より好きになった)。

一時したら、また読もうと思う。